1983年の誕生以来、タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKが、2018年、35周年を迎えます。
それを記念し、ブランドカラーであるレッドに徹底的にこだわった35周年記念スペシャルモデル「RED OUT(レッドアウト)」が登場。

G-SHOCKのブランドカラーであるレッドをベースカラーに採用。
新技術を用い、徹底的に「レッド」を追求しました。粒子を塗料に混ぜ込み、その粒子が光を乱反射することで、視覚的に色や光沢感を押さえ込む塗装技術を採用。
今までにない、マットなレッドを実現しました。更に液晶部分もレッドにまとめました。
誕生から35周年の節目を迎えるG-SHOCKがブランドアイデンティティを主張し、これからも世の中にインパクトを与え続ける存在でありたいという思いを表現しました。
ケースバックにはエリック・ヘイズの手による35thロゴを、遊環には“35”を表現するスターマークを刻印し、スペシャルモデルに相応しいクオリティを備えました。
ベースモデルには2018年に完全復活を遂げるDW-5700を採用。
起源に立ち返り、ブランドコンセプト「Absolute Toughness」を体現する「レッド」を追求し、デザイン・カラー進化を果たした、35周年スペシャルモデルの登場です。







CASIO / AWG-M535C-4AJR
premium price 30,000
+税
 

※定価ではありません。その旨お含み置きの上ご利用ください。

CASIO / AWG-M535C-4AJR
耐衝撃構造(ショックレジスト)
無機ガラス
ネオブライト
20気圧防水
ケース・ベゼル材質: 樹脂
樹脂バンド
タフソーラー(ソーラー充電システム)
電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、
<日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
<中国>受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。
尚、時差は選択した都市によって設定されます。
針退避機能(針が液晶表示と重なって見づらいときは、針を液晶表示の上から一時的に退避させることができます)
ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
ストップウオッチ(1/100秒、60分計、スプリット付き)
タイマー(セット単位:1秒、最大セット:100分、1秒単位で計測)
時刻アラーム5本(カウントダウン機能付き)・時報
バッテリーインジケーター表示
パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
フルオートカレンダー
12/24時間制表示切替
操作音ON/OFF切替機能
LEDライト(フルオートライト、残照機能付き)
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
機能使用の場合:約6ヵ月
パワーセービング状態の場合:約18ヵ月

ホームタイム都市(受信機能対応都市) / 受信電波
東京、ソウル、台北/日本の標準電波JJY40・JJY60
(ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、ウィニペグ、シカゴ、マイアミ、トロント、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ/アメリカの標準電波WWVB
リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ)/イギリスの標準電波MSF・ドイツの標準電波DCF77
香港、北京/中国の標準電波BPC

※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
※ 電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
LED:アンバー